000-28

本来私のような者が生涯手にする事などないようなギターが今、手元にあります。

そのギターというのが、Martin 000-28

ある人の遺品です。
ご家族の方が「家にあってもだれもその価値の分かるものもいなければ使う事の無いので・・・。」と言われとりあえずお預かりする事になった一品です。
あまりにももったいない事なのですが、折角なので生前いろいろとお世話になったその方への感謝の気持ちを込めて弾いてみました。


この記事へのコメント