いよいよ現実味を帯びてきました。

今日も手術に向けての診察という事で病院へ行ってきました。
今日の診療予定は、血管内科と泌尿器科。
血管内科ではカルテでこれまでの検査内容を見た所見からコンサルしてもらったのですが、先生の見解として腹腔内の腫瘍はリンパ腫ではないという事と、貧血について鉄分の量は不足していないのだけど血になっていない(多分、腹腔内の腫瘍の影響)ので鉄剤の服用は無意味だという事でした。
ではどうすれば?と尋ねると「まぁ、手術前にたくさん輸血してもらう事だね。」と軽く流されました。
次の泌尿器科へ行くと、事前に血圧と身長、体重の測定があったのですが、先の血液内科で血圧測定したのでその数値を伝えると「ああ、それでいいです」という事で身長と体重の測定だけしてもらいました。
IMG20230118083907.jpg
ちなみに、血管内科で測定した血圧です。
身長は174.5㎝(公称175㎝なのでほぼ誤差の範囲)で体重は72㎏でした。
で、泌尿器科では手術の時に尿管へ挿入する尿管ステントの説明とエコーによる腎臓から尿管の状態の確認でした。
それにしても、とぼけた先生で「あなたの場合若いから前立腺肥大の心配ないし・・・ん!?59歳か・・・だったら一応確認しますね。」ってどこ見て判断してんだよ!!と突っ込みたい所でした。

一応診療を終えて、外科の担当医との診療でこれまでの診療結果から、手術の日程を出来るだけ早めたいという結論となり、明日再度造影CTの撮影を行って金曜日のカンファレンスで日程を調整するという事になりました。
先週までは体力の回復を待って2月7日あたりにと言われていたのですが、場合によっては電話にて「明日から入院してください」という連絡を入れる事になるかもしれないとの事でした。

いよいよ現実味を帯びてきましたね。
自分としては少しでも早くできるのであれば大歓迎なのですが、いろいろ調整があるのでいきなりというのはちょっと困りますが・・・(^^;;


この記事へのコメント