初めての内視鏡検査

脂肪腫(脂肪肉腫)切除の手術に向けて胃の内部に病変などの不具合がないか調べる目的で内視鏡検査を行う事になりました。
私にとっては初体験です。
話には聞いていたのですが、やはりあんなものを突っ込まれるのは苦しかったです。

そんな中、内視鏡の技師(医師?)がもう一人やって来て二人の会話を聞いていると「おっ!これは・・・」とか「そこ、もうちょっと見たくない?」「そうそう、そこそこ!!」「うわぁ凄い形になってるね」などとなんだか楽しそう。
人の体の中をのぞいて興味本位で珍しい物を見るような感じで楽しんでるようにしか思えない!!
時折「これって肉腫に圧迫されてるんかね」という言葉もチラホラ・・・。

ええい、こっちは苦しい思いしてるのに・・・と思うのですが、何せおなかの中に管を突っ込まれて身動きの取れない状態なのでどうする事も出来ませんでしたが・・・。

正直な話、もう二度としたくないものだと思いました。

で、今朝採血した血液の検査結果があまり良くなかった(貧血が進んでいた)ため、その後は鉄剤の点滴を受けたりと、やはり今日も1日がかりでした。
結構疲れるもんですね。
医師からは「体力つけてくださいね」って言われていますが、病院通いだけで消耗しているような気もします。
当分、こういう生活が続きそうですね。

この記事へのコメント