そんなに問題あるのかな?

維新の会での集会にて森元総理が発言した内容について物議をかもしているらしいですね。
その時の動画がYoutubeで流れているのを見たのだけど、そんなに問題ある発言だったのかなぁ~~。

現在ウクライナでの戦闘が長引いている原因の一つとしてゼレンスキー大統領のこれまでの対応にも問題があったのではないかという森元総理の見解には一理あると私は思う。
以前からあのように頑なに徹底抗戦を主張し、ウクライナの兵士を前線に送り込んでいるゼレンスキー大統領には私も疑問を感じている。
NATO加盟のアメリカやヨーロッパ諸国の後ろ盾があるとしても、自国民に大量犠牲者を出してまで徹底抗戦しなければならない理由がわからない。
私の目から見たら、好戦的なのはロシアのプーチン大統領ではなく、むしろウクライナのゼレンスキー大統領に見える。
世界中を巻き込んで徹底抗戦による勝利よりも、一日も早く戦闘を終結させる事こそ世界の平和、ウクライナ国民の安定した生活を確保するために必要な事なのではないかと思う。

世の中で流れている報道は、大国ロシアによる小国ウクライナいじめという様相を呈しているけれど、私にはどうしてもウクライナをダシにしてロシアを悪者に仕立てようとしている西側諸国によるロシアいじめにしか見えない。

そんな中で出てきた森元総理のあの発言・・・もちろん、鈴木宗男氏の支持者へむけての鈴木宗男氏の考え方を支持するための発言ではあるのですが、私のとっては「よく言ってくれた!!」との思いの方が強いのに、その発言に対する非難の声が高まっているというのは、ちょっと信じられない事ですね。

勘違いしてほしくないのは、森元総理もロシアの行為に対して決して容認しているわけでも、支持しているというわけでも、擁護しようというつもりもないという事。
ただ、ウクライナの指導者としてゼレンスキー大統領のこれまでの対応にも問題があるのではないかと言っているだけなのです。
そんなに問題ある発言なのかなぁ~~?

この記事へのコメント