場当たり的?

どうも最近の世の中の動きを見ていると場当たり的なものが多いような気がする。

誰かが何か苦言を呈したから対策をする。
不具合があったから訂正する。

もちろん悪い事ではないのですが、それらすべてがバラバラで、連携していない感じがする。
何かやればやるほど、その矛盾点が浮き彫りになってどんどん悪い方へ進んでいるように思える。

例えば、新型コロナ対策にしても、経済復興と称してGOTOキャンペーンを行ったり、インバウンド収入をあてにして外国人渡航者の数の制限を解除したりしたことで結果、再び感染拡大してしまうという先を見越しての対策というものがきちんと考えられていない。
とどのつまり、ワクチン接種の推進と言っているけれど、ワクチンを接種したところで感染予防にはならず、感染した際の重症化を抑える程度でしかない。
ここへきてワクチン接種後の死亡例などニュースで取り上げられると益々ワクチン接種に対して懐疑的になってしまう。

そもそも、現在の円安にしても、度重なる日銀による市場介入で世界中から円に対する信用が没落し、さらに円安が進むといった各循環。
ウクライナ情勢の影響だとか、ロシアが戦争を仕掛けているのが悪いとかいろいろ理屈を並べているけれど、結局はこの状態が長引けば長引くだけ苦しくなるのは西欧諸国並びにアメリカとなり、日本はそのあおりを食って一緒に深みにはまっていくだけだと思う。
早い段階でウクライナを説得してロシアと手打ちをしていれば、ここまで混乱する事はなかったと思うのだけど、ここまで来たら泥沼状態。
いまだにゼレンスキー大統領は徹底抗戦の方針を打ち出しているので、ロシアは軍を撤退したと見せて全面ミサイル攻撃へと手段を変更しているだけの事でまだまだ余裕がある。

マイナンバーにしたってそう。
マイナンバーカードの取得率を上げようとポイントキャンペーンを行ったり、保険証を一体化させたり、免許証をも取り込もうとして取得のメリットをアピールしているけれど中身が伴わなければマイナンバー制度そのものが破綻してしまうだけだと思う。
元々マイナンバー制度の目的はカードを取得させることではなく、行政サービスの一本化だったはず。

本来の目的から外れて形だけ整えたって駄目なのは、現在各所で取り組まれているデジタル化も同じこと。
工数削減が目的の筈が余計に工数が増えて現場にとっては迷惑な話。
導入を急ぐあまり形だけのデジタル化であって全く効果が上がっていないのが現状だと思います。
先ずは根本的に現状を見直し仕組みを整えてから導入すべきだと思うのに・・・。

本当に場当たり的で複雑化してゆく傾向はどうにかならないものかと思う。

この記事へのコメント